新体制発表で来季への意気込みなどを語ったブリッツェンの選手たち=県庁

新体制発表で来季への意気込みなどを語ったブリッツェンの選手たち=県庁

新体制発表で来季への意気込みなどを語ったブリッツェンの選手たち=県庁 新体制発表で来季への意気込みなどを語ったブリッツェンの選手たち=県庁

 自転車ロードレースの宇都宮ブリッツェンは14日、県庁で2022年シーズンの新体制発表記者会見を開いた。チーム創設14年目となる来季のスローガンは、常に進化するという意味の「Always Evolving(オールウェイズ エボルヴィング)」。清水裕輔(しみずゆうすけ)監督は「チーム力の底上げに注力し、まだ取れていない『全日本ロードレース優勝』を目標にする」と抱負を語った。

 来季も選手10人体制を継続。新たにスパークルおおいたから宮崎泰史(みやざきたいし)(22)が加入した。清水監督が来季もゼネラルマネジャーを兼任する。