完成した「いも家kaneki」と新本社=佐野市

完成した「いも家kaneki」と新本社=25日午後、佐野市

完成した「いも家kaneki」と新本社=佐野市 完成した「いも家kaneki」と新本社=25日午後、佐野市

 国産青果物の卸・加工を手掛ける東京フード(栃木県佐野市赤坂町、塚越恒美(つかごしつねみ)社長)は、本社隣接地に焼き芋や干し芋などサツマイモ製品の直売施設「いも家kaneki(カネキ)」を完成させた。新本社も兼ねる直売施設は来年2月1日のオープンを予定する。

 いも家kanekiは、直売所で工場直送の焼き芋や冷やし焼き芋(夏場)、干し芋を扱う。サツマイモ製品専用工場とテラス通路で隔てられ、ガラス越しに作業の様子を見学できる。

 屋外では大谷石窯での焼き芋づくり体験が可能。ふかしたサツマイモをピアノ線で切って持ち帰り、自宅で乾燥する干し芋づくりもできるようにする。飲食はテークアウトで対応する。

 セミナー施設も備える。小中学生などを対象に、サツマイモの品種や特性のほか、製品の魅力を紹介する。同社は廃棄物を追肥化するなどしていることから、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に関する自社の取り組みも伝える。

 塚越将童(つかごししょうどう)副社長は「サツマイモの魅力に触れられる施設は少ないと思う。観光バスツアーなど旅行ルートに提案し、観光需要に応えたい」と話す。オープンまでに新商品を増やすほか、正社員も新規採用する。