自転車ロードレースの那須ブラーゼンは13日、来季2選手が新加入すると発表した。加入するのは弱虫ペダルの川野碧己(かわのあおき)(20)でもう1人は後日発表予定。来季は今季より1人少ない10人体制でレースに挑む。

 川野は大分県出身。今年は国際レース「ツアー・オブ・ジャパン」の第3ステージで1位となるなど活躍した。日本自転車連盟の23歳以下の強化指定選手に選出されている。慶大在学中で「学連と並行しての活動のため変則的にはなるが、しっかりとチームの勝利に貢献したい」などと意気込みを語った。

 若杉厚仁(わかすぎあつひと)社長は「今季退団した3人の穴は大きいが、それを十分にカバーできるほど強力な選手が加入した」などとコメントした。