新たなまちづくりの核となる「バターのいとこ」の店舗=那須町

「バターのいとこ」の店舗入口=那須町

人気菓子「バターのいとこ」を購入、飲食できるバターのいとこ店舗=那須町

観光、農業、福祉を結ぶ持続可能なまちのイメージ

新たなまちづくりの核となる「バターのいとこ」の店舗=那須町 「バターのいとこ」の店舗入口=那須町
人気菓子「バターのいとこ」を購入、飲食できるバターのいとこ店舗=那須町 観光、農業、福祉を結ぶ持続可能なまちのイメージ

 那須地域の食関連事業をプロデュースする「GOODNEWS(グッドニュース)」(那須町高久乙、宮本吾一(みやもとごいち)社長)は、「観光、農業、福祉を結ぶ持続可能なまちづくりプロジェクト」に乗り出した。関連会社の人気菓子「バターのいとこ」の店舗(同所)を核に、周囲へレストランなどを誘致し、バターのいとこなどを製造する新たな食品工場も造る計画。

 宮本社長は無脂肪乳のミルクジャムをゴーフル生地でサンドした「バターのいとこ」の企画、製造販売に当初から携わる。