10日に死んだ国内最長寿キリンの「モモ」(那須サファリパーク提供)

 那須町高久乙の那須サファリパークは13日、国内最高齢記録を更新していたキリンの雌「モモ」が老衰のため死んだと発表した。32歳で、人間なら100歳近い長寿だった。

 モモは1988年12月30日に同園で生まれ、長く来場者に親しまれてきた。高齢のため、最近では部屋の中で過ごすことが多かったが、9日までは普通に餌を食べていた。10日の昼ごろ、つまずいた拍子に体勢を崩して座り込んでしまい、夕方ごろに息を引き取ったという。

 飼育下のキリンの平均寿命は25歳とされている。内海一秀(うつみかずひで)副支配人(49)は「老衰なので仕方ないが、33歳の誕生日のお祝いを楽しみにしていたので残念」と話した。同園では今後、モモの写真を飾った献花台やメッセージボードを設置するという。