後半14分、ともぞうSC U-13のDF安納(中央)が先制ゴールを決めて仲間と喜び合う=清原中

 第52回下野杯争奪県下中学生サッカー大会(県サッカー協会、下野新聞社主催)第3日は11日、清原中グラウンドほかで4回戦16試合を行い、前回王者の栃木SC U-15や準優勝のヴェルディSS小山U-14、ともぞうSC U-13などが16強入りを決めた。

 栃木SC U-15やヴェルディSS小山U-14はこの日の4回戦で初登場。栃木SC U-15は3-1で真岡東中に競り勝った。ヴェルディSS小山U-14は12-1でアルゼンチンSCに大勝。ともぞうSC U-13はPK戦の末にモランゴ栃木U-14を破った。中学の部活動チームは真岡中と氏家中が勝ち残った。

 大会第4日は18日、真岡市のJスポーツフットボールフィールドほかで5回戦と準々決勝を行う。