矢板市役所

 政府が新型コロナウイルス禍での緊急経済対策として実施する18歳以下の子どもへの10万円相当の給付を巡り、矢板市の斎藤淳一郎(さいとうじゅんいちろう)市長は10日の定例記者会見で「国会審議を見守っているところだが、市においても残りの5万円も現金給付という形になるのではないか」と述べ、全額現金で給付する考えを示した。

 一方、斎藤市長は給付方式を巡る国の対応について「子育て支援と景気対策の二つの目的があった中で、景気対策の面からは(全額)現金給付がよかったのだろうか」と疑問視し、「国は打ち出した施策に自信と責任を持ってほしい」と苦言を呈した。