前回2区で1年生ながら区間4位と健闘した東洋大の松山

 来年1月2、3日の東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームのエントリー選手(各16人以内)が10日発表され、総合2連覇を狙う駒大は3年生エースの田沢廉(たざわ・れん)や日本選手権1万メートル3位の鈴木芽吹(すずき・めぶき)、11月の全日本大学駅伝1区で区間記録を更新した1年生の佐藤条二(さとう・じょうじ)らが名を連ねた。

 栃木県関係では、前回2区で4位と快走した東洋大の松山和希(まつやま・かずき)(大田原中-福島・学法石川高)や10月の予選会8位で初出場を決めた駿河台大の町田康誠(まちだ・こうせい)(白鴎大足利高)ら6人がメンバー入りした。

 10区間のエントリー選手は29日に決定。メンバー変更できる人数は前回大会同様に6人。

 その他の本県関係選手は次の通り。

 ▽創価大 小暮栄輝(足利北中-群・樹徳高)▽順大 海老澤憲伸(那須拓陽高)▽東京国際大 野澤巧理(白鴎大足利高)▽中央学院大 工藤巧夢(那須拓陽高)