福田知事(左から2人目)を表敬訪問した栃木SCの橋本社長(右端)ら=県庁

福田知事(右端)に今季の報告をする栃木SCの橋本社長(左端)ら=県庁

福田知事(左から2人目)を表敬訪問した栃木SCの橋本社長(右端)ら=県庁 福田知事(右端)に今季の報告をする栃木SCの橋本社長(左端)ら=県庁

 サッカーJ2栃木SCの橋本大輔(はしもとだいすけ)社長、田坂和昭(たさかかずあき)監督、FW豊田陽平(とよだようへい)の3人が9日、県庁を訪れ福田富一(ふくだとみかず)知事に今季の成績を報告した。

 今季は開幕3連敗で始まるなど苦戦が続き、後半戦に巻き返してJ2残留を決めた。今季限りで退任する田坂監督は「選手との関係性をどう築くか重視してきた。栃木での3年間は自分の財産になった」と総括。福田知事は「退任した後も栃木SCを温かく見守ってほしい」とねぎらった。