栃木県庁

 県保健福祉部は9日の生活保健福祉常任委員会で、新型コロナウイルスの検査費を無料にする事業について説明した。健康上の理由でワクチンを接種できない人が対象で、検査数は25万回を想定。約25%がPCR検査、約75%が抗原検査になる。

 同事業は本年度一般会計12月補正予算案に計上している。国の試算では、未接種者の6割が基礎疾患があったり、副反応の恐れがあったりと健康上の理由でワクチン接種を受けられないという。この試算に合わせ、検査数を算出した。