佐藤市長を表敬した渡辺選手(左)

市長を表敬した渡辺選手(右)

佐藤市長を表敬した渡辺選手(左) 市長を表敬した渡辺選手(右)

 【鹿沼】オートバイの全日本ロードレース選手権シリーズに参戦した市出身でかぬまふるさと大使のプロライダー渡辺一馬(わたなべかずま)選手(31)がこのほど、佐藤信(さとうしん)市長を表敬訪問し、今季の成績について報告した。

 渡辺選手はST1000クラスで全7レースに出場。そのうち優勝は2回、3位までの入賞は3回となり、シリーズチャンピオンに輝いた。佐藤市長には、こうした成績や新型コロナウイルス禍でアジア圏の大会に出場できなかったことを報告。チャンピオン記念のTシャツ贈呈も行った。