市民報告会で金メダルを手にする高藤選手

 【下野】市出身で東京五輪柔道男子60キロ級金メダリストの高藤直寿(たかとうなおひさ)選手(28)のお出迎え式と市民報告会が6日、市役所などで行われた。

 市と高藤選手の市後援会の共催。市役所でのお出迎え式では、国分寺保育園の園児や市職員、市民らが高藤選手を出迎えた。南河内第二中の吹奏楽部が生演奏で凱旋(がいせん)を盛り上げた。

 市民報告会は小金井のB&G海洋センターで開かれ、後援会会員や市内中学校の柔道部員ら約100人が参加した。高藤選手は広瀬寿雄(ひろせとしお)市長から市長特別賞を授与され、「地元になかなか帰れなかったが、皆さんの応援を遠くから感じていた。パリ五輪に向けて前を向いて戦いたい」と述べた。