後半20分、シュートを放つ栃木SCのFW大島=カンセキスタジアムとちぎ

後半31分、逆転ゴールを許し、厳しい表情を見せる栃木SCのFW矢野(左から3人目)ら=カンセキスタジアムとちぎ

前半44分、ゴール前でピンチを防ぐ栃木SCのDF柳(左から3人目)=カンセキスタジアムとちぎ

後半31分、逆転ゴールを許し、天を仰ぐ栃木SCのDF小野寺(左)ら=カンセキスタジアムとちぎ

後半20分、シュートを放つ栃木SCのFW大島=カンセキスタジアムとちぎ 後半31分、逆転ゴールを許し、厳しい表情を見せる栃木SCのFW矢野(左から3人目)ら=カンセキスタジアムとちぎ 前半44分、ゴール前でピンチを防ぐ栃木SCのDF柳(左から3人目)=カンセキスタジアムとちぎ 後半31分、逆転ゴールを許し、天を仰ぐ栃木SCのDF小野寺(左)ら=カンセキスタジアムとちぎ

 サッカーJ2第42節は5日、各地で11試合を行い、栃木SCは宇都宮市のカンセキスタジアムとちぎで琉球と対戦、1-2で敗れた。今季の全日程を終了して通算10勝15分け17敗で勝ち点45、14位。3連勝で今季を終えることはできなかった。また、相模原と北九州のJ3降格が決定。来季はJ3から熊本、岩手がJ2に昇格する。

 栃木SCは前節から先発を2人変更。MF植田啓太(うえだけいた)が23試合ぶり、FW有馬幸太郎(ありまこうたろう)が7試合ぶりに入った。前半からボールを支配され、自陣で守備に回る展開に。何度か速攻で好機を築き、9分にFW矢野貴章(やのきしょう)が放ったシュートは枠の上。34分に植田が狙ったミドルシュートはゴール右に外れた。

 後半は守備の鋭さを取り戻し、攻撃も選手交代で修正。19分にDF柳育崇(やなぎやすたか)が右足を振り抜いて先制点を挙げた。しかし、左サイドを崩されて24分に追い付かれると、31分に勝ち越し点を許した。終盤はさらに攻撃的な選手を投入。柳を前線に上げて逆転を狙ったが、パスの精度を欠いて琉球に押し切られた。