広田茂十郎氏

 任期満了に伴う来年4月5日告示、10日投開票の益子町長選で、元同町議会議長で同町議の広田茂十郎(ひろたもじゅうろう)氏(66)=益子町山本=が5日、下野新聞社の取材に無所属で立候補する意向を固めたことを明らかにした。近く記者会見し正式表明する。

 広田氏は「14年間にわたる町議活動や4年半に及んだ町監査委員としての職務を通じ、町民目線の政治に戻すべきだと考えた」と強調。「新型コロナウイルス禍で打撃を受けた町内経済の立て直しや地域社会の再構築を図るとともに、最大の課題である少子化問題にも『選択と集中』で向き合っていきたい」などと出馬に踏み切る理由を語った。

 広田氏は真岡農業高(現真岡北陵高)卒。2007年に町議となり連続4期。15年から2年間議長を務めた。町長選を巡っては、現職の大塚朋之(おおつかともゆき)氏(56)が5選を目指し既に立候補を表明している。