野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は3日、川崎宗則(かわさきむねのり)内野手(40)と来季の契約で合意したと発表した。

 川崎はソフトバンクや米大リーグ・マリナーズなどでプレーし2020年9月に入団。加入後初めてフルシーズンを戦った今季は45試合に出場し、打率2割1分6厘ながらチーム3位の10盗塁をマーク。今季限りで退団した西岡剛(にしおかつよし)内野手とのコンビで球場を沸かせた。

 川崎は「若い子たちと来シーズンも少しでも長く楽しくプレーしたいと思います。また球場でお会いしましょう」とコメントした。