インタビューに答える自民党の茂木幹事長=3日午後、東京・永田町の党本部

 4日で就任1カ月を迎える自民党の茂木敏充(もてぎとしみつ)幹事長は3日、下野新聞社の単独インタビューに応じた。過去最大の55兆7千億円の財政支出となった政府の経済対策を「非常に大胆かつ総合的な経済対策だ」と評価し、党としても「攻めの経済対策」を重視する考えを示した。新型コロナウイルス対策では、医療提供体制の抜本的強化や治療薬の確保を前提に「感染者が若干出ていても社会経済活動を止めずにいきたい」と強調した。

 拡大が懸念されるオミクロン株は、特徴を注視しつつ水際対策に当たる。本県観光業にも影響するインバウンド(訪日外国人客)を巡っては「できるだけ早く受け入れられる環境をつくりたい」と述べた。