車庫兼物置と自宅の屋根部分をビニールシートで覆った被災者宅=2日午前、真岡市西郷

 真岡市内で1日早朝に発生した突風による被害は、新たに民家の屋根損傷などが4件増え計27件に上ったことが2日、同市くらし安全課への取材で分かった。住家が対象のり災証明書と倉庫などの非住家や乗用車が対象の被災証明書の申請は、既に計6件あった。同市は早めの申請を被災者らに呼び掛けている。

 同課によると、2日に確認された被害は同市熊倉町、大谷台町の民家計3軒の屋根損傷と、熊倉町の民家駐車場にあった乗用車1台の損傷。27件の被害の内訳は住家12件、非住家5件、敷地フェンスや車両の損傷が7件などとなっている。