イチゴ狩りを楽しむ子ども

イチゴ狩りを楽しむ子ども

イチゴ狩りを楽しむ子ども

イチゴ狩りを楽しむ子ども イチゴ狩りを楽しむ子ども イチゴ狩りを楽しむ子ども

 【佐野】植下町の「佐野観光農園」でイチゴが収穫期を迎え、観光客がイチゴ狩りを楽しんでいる。

 例年12月中旬に開始するが、今年は気候の影響でイチゴの生育が早く、半月ほど早いスタートとなった。

 31のビニールハウスで楽しめるのは、今シーズンから始まった「とちあいか」をはじめ、「とちおとめ」「スカイベリー」の3品種。埼玉県川口市、自営業杉村伸司(すぎむらしんじ)さん(32)はイチゴが大好きな長男泰芽(たいが)ちゃん(2)の誕生日祝いで訪れ、「思ったよりも、いっぱいなっていて良かった。大きくて甘くて大満足です」と話していた。

 同農園によると、イチゴ狩りは5月のゴールデンウイークごろまで楽しめるという。