一般質問で5選出馬を表明する大塚氏=30日午前、益子町議会議場

 任期満了に伴い来年4月に予定される益子町長選で、現職の大塚朋之(おおつかともゆき)氏(56)は30日、12月定例町議会一般質問で5選を目指し立候補することを正式に表明した。加藤芳男(かとうよしお)氏が質問した。

 大塚氏は「新型コロナウイルス対策は、なかなか職員だけではできない判断、決断もある。町の対策本部長として収束までしっかりと力を尽くしていきたい」と強調した。

 その上で「(図書館建設や着工した土地区画整理事業など)今後行う予定の大型事業への投資、現在進行中の大型事業も成功したと言ってもらえるように責任を持って取り組む。最大の課題である少子化についても『逆転の時代』の素地を何が何でもつくっていきたい」などと決意を語った。

 大塚氏は2006年、新人4人による激戦を制し初当選。10、14、18年の各選挙戦も勝ち抜き4期目。これまでに大塚氏のほかに立候補の表明はない。