昨年11月、那須塩原市内を救急車で緊急走行中、事故を起こし乗用車の男性を死亡させたとして、那須地区消防組合は30日、西那須野消防署の当時の男性消防士長(34)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。管理監督責任として同じく当時の同署消防司令補(43)を戒告、同署消防司令(50)を訓告とした。処分は同日付。

 同組合によると、消防士長は自動車運転処罰法違反の疑いで書類送検、略式起訴され11月1日、大田原簡裁から罰金70万円の略式命令を受けた。増渕孝(ますぶちたかし)消防長は「事故防止体制の整備と強化を図る」などとコメントした。