» 動画ページへ

池の周りを彩る紅葉=29日午前11時15分、佐野市出流原町

 佐野市出流原町の出流原弁天池で紅葉が進み、冬の気配を感じさせる水辺を赤や黄色に染めている。

 池は地下水が湧き出してでき、国の名水百選や栃木県の天然記念物に指定され、周囲にはモミジなどが植えられている。磯山弁財天観光協会によると現在、見頃を迎えているという。

 県内各地で今季一番の冷え込みとなった29日、陽光が差し、色づいた葉や透き通った水面がきらきらと輝いた。

 池ではコイやカモも泳ぎ回り、観光客らは紅葉と写真に収めるなどしていた。