初戦敗退し肩を落とすエイジェックの選手たち=東京ドーム

7回無失点と好投したエイジェックの先発・林=東京ドーム

1回、先制打を放ち喜ぶエイジェックの生田目=東京ドーム

9回、無死一、二塁で飛び出した走者をタッチアウトにするエイジェックの三塁手・柳沼=東京ドーム

9回、サヨナラ打を許し肩を落とすエイジェックの3番手・竹内=東京ドーム

初戦敗退し肩を落とすエイジェックの選手たち=東京ドーム 7回無失点と好投したエイジェックの先発・林=東京ドーム 1回、先制打を放ち喜ぶエイジェックの生田目=東京ドーム 9回、無死一、二塁で飛び出した走者をタッチアウトにするエイジェックの三塁手・柳沼=東京ドーム 9回、サヨナラ打を許し肩を落とすエイジェックの3番手・竹内=東京ドーム

 社会人野球の第92回都市対抗野球大会は28日、東京ドームで開幕し、初出場のエイジェック(小山市)は1点リードの九回に2点を奪われ1-2でNTT西日本(大阪市)にサヨナラ負けした。

 エイジェックは初回、四球で出塁した日置翔兼を二塁に置き、4番生田目忍の右翼前への適時打で先制に成功した。

 守っては先発左腕・林明良が走者を出しながら要所を締める粘りの投球。七回2死一、二塁のピンチも三振で切り抜けて7回を無失点に抑えたが、救援投手がリードを守り切れなかった。