日光棚田米を100%使った「おこめのほっとけーきみっくす」

 【日光】市産米100%のホットケーキミックス「おこめのほっとけーきみっくす」がこのほど商品化された。

 主食用米の消費量が減り続ける中、瀬尾の「日光八木澤ファーム」が消費拡大につなげようと開発。小麦粉と添加物は全く使っていない。代表の八木澤裕史(やぎさわひろし)さん(42)は「小麦粉と比べパサつかず、時間がたっても硬くなりにくいのが特徴。もっちりした食感が楽しめる」と説明する。

 製品の袋詰めなどは、花石町の福祉施設「愛晃の杜(もり)」の利用者が協力している。

 オープン価格。今市の道の駅「日光街道ニコニコ本陣」で販売しており、今後市内直売所でも売り出す予定。(問)同ファーム070・3880・2515。