小菅一弥氏

 任期満了に伴い来年3月22日告示、27日投開票で行われる壬生町長選で、現職の小菅一弥(こすげかずや)氏(59)が、4選を目指して立候補する意向を固めたことが26日、関係者への取材で分かった。

 小菅氏は同日夜、町内で開かれた後援会幹部会で、出馬を要請された。30日に開会する定例町議会の一般質問で立候補の意思を表明するとみられる。

 下野新聞社の取材に対し、小菅氏は「後援会の皆さんから、立候補の要請をしていただいた。新庁舎のオープンなど、町の懸案の施策を引き続き担いたいという思いがある」などと話した。

 小菅氏は同町議を4期務めた後、2010年の町長選で初当選した。2、3期目は連続で無投票当選を果たした。

 同町長選を巡っては、現時点で小菅氏以外に立候補に向けた動きはない。