県教委は18日、第11回「科学の甲子園」県大会で宇都宮女子高(チーム番号2)が1位になったと発表した。来年3月18~21日に茨城県つくば市で開催される全国大会に進む。同校の出場は昨年に続き3度目。

 県大会には16校52チーム312人がエントリーした。10月に数学・物理・化学・生物・地学・情報分野の筆記競技が行われ、11月には実技競技を実施。箱の仕組みを工夫し、斜面に置いたときの倒れやすさと倒れにくさをそれぞれ競った。

 2位は栃木高(同8)で、3位は宇都宮高(同47)だった。