エイジェックを創部4年目で初の大舞台に導いた八木、小林、武藤各コーチ(右から)=栃木市のエイジェックさくら球場

 社会人野球の第92回都市対抗野球大会(28日開幕・東京ドーム)に初出場する小山市のエイジェックは、今季就任した経験豊富な3人のコーチが創部4年目での飛躍を導いた。「思い切り暴れてほしい」「経験したことを財産に」-。3人は選手たちの初陣に大きな期待を寄せている。

 難波貴司(なんばたかし)監督が「チームが始動した時、自分も完璧ではないので4人でチームを見ようと伝えた」と言うように、首脳陣は一丸でチームの指導に当たってきた。当初から目標とする「つないで1点をもぎ取る野球」を実現するため、何より求めたのは投手陣の踏ん張りだった。