県東京事務所は来年1月、「とちぎのいいものオンライン物産展」を期間限定で開く。電子商取引(EC)サイトを手掛けるサイネックス(大阪市)と連携し、県内事業者や団体に販売機会を提供する。物産展形式でインターネット上に出品するのは初の試みで、12月11日まで出品事業者を募集している。

 新型コロナウイルス禍の影響で中小企業・小規模事業者の販路拡大が難しい中、大手ECモールを活用し販売機会を確保する。サイネックスが運営する全国の特産品を集めたECサイト「わが街とくさんネット」の特設ページで、来年1月15日~5月に商品を掲載する。取り扱うのは加工食品、伝統工芸品、手工芸品など。楽天市場、ペイペイモールなどでも販売される。

 事業者は無料で出品でき、掲載料などは不要。登録作業などもサイネックスが行うため、事業者側の事務作業軽減もメリットだ。物産展終了後も同ネットでの継続販売が可能。

 (問)県東京事務所03・5212・8715。