SLとイルミネーションの共演

東京スカイツリーも登場した「倉ケ崎SL花畑」のイルミネーション

SLとイルミネーションの共演 東京スカイツリーも登場した「倉ケ崎SL花畑」のイルミネーション

 栃木県日光市倉ケ崎の東武鬼怒川線沿線で地元住民らが整備を進める「倉ケ崎SL花畑」などで20日、イルミネーションが始まった。3月中旬まで。

 4回目となる今年は、約6千平方メートルの同花畑会場に青色などの発光ダイオード(LED)約6万5千球を設置。東京スカイツリーを表現した高さ約15メートルのイルミネーションが新たに加わり、花畑を一望できる展望台も整備された。

 点灯初日はSL「大樹(たいじゅ)」の夜間特別運行も行われ、多くの「撮り鉄」や写真愛好家でにぎわった。家族で訪れた瀬尾、会社員小林直史(こばやしなおふみ)さん(41)は「昨年よりバージョンアップされていて感動した。すごくきれい」と見入っていた。

 点灯は午後4~10時。大樹の夜間特別運行は27日、12月11、18、25日にも行われる。