8連覇を達成し、マウンドで喜びを爆発させる作新の選手たち=22日午後、清原球場

 第100回全国高校野球選手権記念栃木大会最終日は22日、宇都宮市の清原球場で決勝を行い、作新学院が2-0で白鴎大足利を下して8年連続17度目の優勝、14度目の甲子園出場を決めた。

 ◇栃木県高校野球特集

 作新は初回に先頭の福田真夢(ふくだまなむ)が中前打で出塁。二盗と敵失で1死三塁とし、3番斎藤陸人(さいとうりくと)の中前適時二塁打で1点、2死三塁から5番沖龍(おきりゅう)の左前適時打で2点目を挙げた。先発の主戦高山陽成(たかやまようせい)は体調不良のため1回21球で降板したが、2番手の林勇成(はやしゆうせい)が切れのある変化球を武器に8回を5安打無失点と好投し、リードを守り切った。