新設される豊田小の校章

表彰状を手にする岩瀬さん

新設される豊田小の校章 表彰状を手にする岩瀬さん

 小山市教委は22日までに、来年4月開校の新設小中一貫校「豊田小」の校章を決定した。関係する豊田南、豊田北小、豊田中の児童生徒から募ったデザイン計332点から、豊田中2年岩瀬珠妃(いわせたまき)さん(14)の作品を採用した。

 岩瀬さんの作品は、豊田地区の未来が咲くようにとの願いを込めて「桜」をモチーフとし、豊田中の校章にもある「リボン」と「稲」を添えた。「伝統を大切に友人関係も固く結ぶ」との思いが込められた。

 校章決定に伴い、岩瀬さんには濱口隆晴(はまぐちたかはる)教育長から表彰状と記念品が贈られた。岩瀬さんは「学校が続く限り校章は残るため、大変名誉なことだと思う」と話した。

 校章は校旗や体操着、名札などに使われる。豊田小の開校に合わせ、連携する豊田中の校章も一新される。