ピン級決勝 2回、作新学院の市村(右)がカウンターを決める=日環アリーナ栃木体育館分館

ボクシング男子の各階級優勝者

ボクシング女子の各階級優勝者

フライ級決勝 作新学院の小川(左)がストレートを放つ

富山愛結花

清水愛梨衣

ピン級決勝 2回、作新学院の市村(右)がカウンターを決める=日環アリーナ栃木体育館分館 ボクシング男子の各階級優勝者 ボクシング女子の各階級優勝者 フライ級決勝 作新学院の小川(左)がストレートを放つ 富山愛結花 清水愛梨衣

 県高校新人スポーツは21日、日環アリーナ栃木体育館分館ほかでボクシングと新体操を行った。 ボクシングは作新学院勢が認定チャンピオンを含め男女全12階級を制覇。男子は今夏の全国高校総体8強の小川悠希(おがわゆうき)がフライ級を制したほか、ピン級は1年生の市村賛太(いちむらさんた)が優勝。女子はピン級で今泉美香(いまいずみはるか)が栄冠をつかんだ。

 新体操は富山愛結花(とみやまあゆか)(宇都宮中央女)が個人総合2年と種目別フープとの2冠を達成。個人総合1年は清水愛梨衣(しみずありい)(石橋)が優勝した。