本社冠試合で熱戦を繰り広げる選手たち=21日午後4時15分、日光霧降アイスアリーナ

 アイスホッケーアジアリーグの国内リーグ戦「ジャパンカップ」のHC栃木日光アイスバックスは21日、日光霧降アイスアリーナで横浜と対戦し、延長戦の末、3-4で敗れた。連勝は4で止まり、通算6勝4敗、順位は2位のまま。

 バックスは第1ピリオド、FW清水怜のアタックなどで果敢に仕掛けるが無得点。第2ピリオドは6分にFW荒井詠才が先制するが直後に失点。さらに10分に横浜に勝ち越しを許すが、17分にFW鈴木健斗、18分にFW古橋真来が決めて逆転に成功した。第3ピリオドは最終盤に相手6人攻撃を防ぎきれず追い付かれると、5分間の延長戦の残り1分30秒で決勝点を献上した。

 次戦は27日午後3時から、北海道釧路市のひがし北海道クレインズアイスアリーナでひがし北海道と対戦する。