アイスホッケーアジアリーグの国内リーグ戦「ジャパンカップ」のHC栃木日光アイスバックスは20日、日光霧降アイスアリーナで横浜と対戦し、6-0で快勝した。4連勝で通算6勝3敗、順位は2位のまま。

 バックスは第1ピリオド7分にFW寺尾勇利が先制。13分にはDF伊藤剛史が追加点を挙げた。第2ピリオドは2分にDF佐藤大翔、10分にFW大椋舞人、15分にFW鈴木雄大が決めて5-0とし勝利を決定づけた。第3ピリオドは終了間際にFW牛来拓都がダメ押し点を決めた。

 次戦は21日午後2時から、同会場で同カードを「100%とちぎ愛 下野新聞スペシャルマッチ」として行う。