左からマシュリク、サディーカ

左からアミーラ、ハディーヤ

左からマシュリク、サディーカ 左からアミーラ、ハディーヤ

 【那須】那須どうぶつ王国は同園で生まれたスナネコの姉妹4匹を12月初旬から順次、他県の動物園へ移す。現在スナネコを見られるのは同園と神戸どうぶつ王国(兵庫県)のみのため、全国各地で見られるようにし、繁殖にも取り組む。両親の2匹は那須に残るが、4姉妹の展示は今月30日が最後で、写真共有アプリ「インスタグラム」などで生配信する。

 スナネコはアフリカなどの岩砂漠に生息し、愛らしい容姿で「砂漠の天使」と呼ばれる。同園では昨年4月、アミーラが誕生。3カ月後にはサディーカ、マシュリク、ハディーヤが生まれた。今年2月には繁殖に向けて4匹一緒の飼育が始まり、雄に会う段階となっている。