新商品の発売を福田知事(左)に報告した飯沼氏=18日午前、県庁

大根のたまり漬けが中具のおむすびを試食する福田知事(右)=18日午前、県庁

新商品の発売を福田知事(左)に報告した飯沼氏=18日午前、県庁 大根のたまり漬けが中具のおむすびを試食する福田知事(右)=18日午前、県庁

 県産のニラなどを使った新商品3品を発売するコンビニ大手のセブン-イレブン・ジャパン(東京都)の飯沼一丈(いいぬまかずたけ)執行役員らが18日、県庁を訪れ、福田富一(ふくだとみかず)知事にキャンペーンをPRした。

 同社と県は2008年に包括連携協定を締結。県産物を取り入れた商品開発・販売は3月に続いて2度目になる。今回は県が2月に策定したブランディング推進方針に賛同し、「栃木ファン」の拡大を目的にキャンペーンを実施する。

 新商品は地域になじみのある大根のたまり漬けを具にしたおむすび(税別110円)、県産ニラを使用したピリ辛醤油(しょうゆ)ニララーメン(同550円)、関東・栃木レモン(レモン牛乳)をクリームに使用したマリトッツォ(同198円)の3品。

 おむすびを試食した福田知事は「大根がコリコリしていて、しょうゆが染みた米もいい。3個くらい食べられそう」、マリトッツォは「懐かしい香りがする。ほっぺたが落ちる」と太鼓判を押した。

 商品は23日から県内455店で販売する。