江面さんの「あっ!と驚く矢板きのこアップルパイ」

並木さんの「旅するキノコ」

江面さんの「あっ!と驚く矢板きのこアップルパイ」 並木さんの「旅するキノコ」

 第34回きのこ料理コンクール(栃木県、県特用林産協会主催)の審査が17日までに行われ、一般の部で矢板高3年江面空(えづらくう)さんの「あっ!と驚く矢板きのこアップルパイ」、ジュニアの部(中学生以下)で宇都宮市宝木中3年並木星奈(なみきせな)さんの「旅するキノコ」が最優秀賞の知事賞に選ばれた。

 一般の部に600点、ジュニアの部に194点の応募があった。書類審査を通過した各部門8点ずつが本審査に進んだ。

 優秀賞(環境森林部長賞)には一般の部で宇都宮短大付属高1年三浦美姫(みうらみき)さんの「In the きのこ キッシュ~栃木のコンビネーション」、ジュニアの部で宇都宮短大付属中3年鷲足祐香(わしあしゆうか)さんの「秋の香りただよう森のサラダと華麗なるニョッキのこ」が選ばれた。

 江面さんと三浦さんの作品は、来年3月に予定される全国大会に県代表として推薦される。