巖華園の庭園で見頃を迎えた紅葉

 【足利】月谷町の旅荘「巖華(がんか)園」で紅葉が見頃を迎え、国登録記念物(名勝地)の庭園をあでやかに彩っている。

 庭園は江戸後期の画人谷文晁(たにぶんちょう)が造り、弟子の渡辺崋山(わたなべかざん)が仕上げて命名したとされる。2007年に国の名勝に登録された。