優勝した宇都宮

 第33回支部対抗ゴルフ大会(県ゴルフ連盟、下野新聞社主催)は16日、鹿沼市の鹿沼プレミアムGC(6747ヤード、パー72)で一般男子の部を行い、グロスの部は宇都宮が471で優勝した。

 大会には17チームが参加し、1チーム7人編成で上位6人の合計スコアで争った。宇都宮は今年の県知事盃一般男子の部で3度目の優勝を果たした張田巧(はりたたくみ)がパープレー72でベストグロスに輝くなど4人が70台をマークし、連覇を狙った2位の那須塩原に2打差をつけた。3位には小山が食い込んだ。

 ネットの部は真岡が日光を2打差で振り切った。