3位となった宇都宮ブリッツェンの小坂=長野県の滝沢牧場特設コース(提供写真)

 自転車オフロードのジャパンシクロクロス(JCX)シリーズ第4戦「野辺山Day2」(1周2・9キロ×10周=29キロ)は14日、長野県南牧村の滝沢牧場特設コースで行われ、男子エリートで宇都宮ブリッツェンCXチームの小坂光(こさかひかる)が3位に入り、開幕から4戦連続で表彰台に立った。

 出場103人のうち完走は14人の厳しいレース。前日のDay1で3位となった小坂は2週目に飛び出した織田聖(おだひじり)(弱虫ペダル)を懸命に追走したが差を縮められず、残り4周で2位にも引き離された。

 JCX第5戦「関西シクロクロス琵琶湖グランプリ」は21日、滋賀県草津市で行われる。