県教委は16日までに、学校法人宇都宮学園が運営する文星芸大系列の博物館相当施設「上野記念館」の相当施設の指定を取り消したと県公報で告示した。取り消しは2日付。

 県教委によると、「年間100日以上開館」の要件を満たしていないため、法人側と協議した上で取り消した。同法人によると、1976年完成の同館は老朽化し、大規模な改修が必要となっている。新型コロナウイルス感染拡大もあり、2020年以降は休館を続けていたという。同法人の担当者は「修繕計画を今後詰めるに当たり、具体的な開館予定が組めないため、指定をいったん取り下げることにした」と説明した。