熱中症とみられる症状で救急車に収容される来場者=21日午後3時半、宇都宮市清原工業団地、清原球場

 県内は21日も各地で気温が上昇し、14観測地点のうち6地点で35度以上の猛暑日となり、那須高原は31・6度で観測史上最高を記録した。熱中症とみられる搬送者は、高校野球観戦者など午後5時時点で計36人に上った。

 宇都宮地方気象台によると、県内の最高は佐野で37・1度を記録。小山が36・7度、真岡36・0度、宇都宮35・5度だった。

 県内12消防本部によると、熱中症とみられる症状の搬送者は入院を要する中等症が13人、軽症が23人だった。