宇都宮市は16日夜、市内の医療機関でインフルエンザワクチンの接種に訪れた12歳未満の子どもに誤って新型コロナワクチンを接種したと発表した。

 市によると同日午前、看護師がトレーに入ったファイザー社製のコロナワクチンをインフルエンザワクチンと誤認して医師に渡した。医師もワクチンの種類を十分に確認せず接種した。コロナワクチンはオレンジ色、インフルエンザワクチンは白色のシリンジ(注射筒)に入っており、接種直後に色の違いに気付いた。

 子どもには副反応や体調不良などの健康被害は生じていないが、自宅で医療機関と24時間連絡を取れる態勢を取っているという。

 市はこの医療機関に対し、ワクチン充填(じゅうてん)時のチェック体制や接種前の確認作業を見直し、再発防止を図るよう指導した。今後、市内の医療機関に注意喚起のチラシを送付する。