39年ぶりの決勝カードは、8連覇を狙う作新に10年ぶりの出場を目指す白鴎足利が挑む構図だ。強力な作新打線を相手に白鴎足利の主戦熊谷倫太朗(くまがいりんたろう)がどのような投球を見せるかが勝敗を分けるポイントとなりそうだ。