連覇を決め喜ぶオール栃木の選手たち=県営球場

先制の中前適時打を放ったオール栃木の小川(作新中)=県営球場

2回、オール栃木の山田(作新中)が左中間に2点適時二塁打を放つ=県営球場

準決勝で4回に逆転の3点適時三塁打を放つオール栃木の浅田(陽東中)=県総合運動公園A球場

連覇を決め喜ぶオール栃木の選手たち=県営球場 先制の中前適時打を放ったオール栃木の小川(作新中)=県営球場 2回、オール栃木の山田(作新中)が左中間に2点適時二塁打を放つ=県営球場 準決勝で4回に逆転の3点適時三塁打を放つオール栃木の浅田(陽東中)=県総合運動公園A球場

 中学軟式野球の第24回関東・東北・北信越少年新人大会(関東軟式野球連盟連合会、下野新聞社主催)最終日は14日、県営球場ほかで決勝までを行い、栃木県選抜チームのオール栃木が決勝で城北中(埼玉)を4-1で下して連覇を飾った。

 オール栃木は準決勝で伊勢原クラブ(神奈川)に6-2で逆転勝ち。四回に先発浅田大介(あさだだいすけ)(陽東中)が2点を失ったが、その裏の攻撃で四死球と新井絢斗(あらいけんと)(日光東中)のバントヒットで1死満塁とし、浅田が左中間に3点適時三塁打を放つなど6点を奪って逆転した。

 決勝は初回に先頭打者の山田瑞希(やまだみずき)(作新学院中)、小川亜怜(おがわあれん)(同)の連打で1点を先制。二回も3四球で1死満塁として山田の2点適時二塁打、小川の右犠飛で3点を追加した。先発高島煌希(たかしまこうき)(雀宮中)も三回に1点を返されたが、堅守に支えられ8安打で1失点に抑えた。

■試合重ねてチーム一つに