湯西川の川面を幻想的に彩る「やまほたる」=21日午後8時55分、日光市湯西川

 7色に光るボール「やまほたる」で夜の湯西川を彩るイベント「湯西川温泉 心(しん)かわあかり」が21日夜、日光市湯西川の同温泉街で始まった。赤や緑など色とりどりの光が川面を流れ、観光客らは「真夏のイルミネーションショー」を楽しんだ。来月2日まで。

 「やまほたる」は直径24センチの半透明のビーチボールに発光ダイオード(LED)ライトを入れたもの。華やかに光る約800個の「やまほたる」が湯西川に放流され、無数の光が川面を幻想的に彩る。

 上流の天楽堂橋下流付近から湯前橋までの約300メートル区間で光のショーを楽しめる。期間中は毎日午後8時半から放流を開始し、約30分間流れる。

 21日夜に妻と訪れた小山市中久喜、会社経営荒川政昭(あらかわまさあき)さん(65)は「普段見られない光景を演出するのは、とても良いまちおこしですね」と見入っていた。