バルーンリリースする参加者たち

 【矢板】来年3月に閉校し147年の歴史に幕を下ろす豊田小で13日、東小への統合記念行事が行われ、全校児童43人と保護者ら計約100人がバルーンリリースなどを行った。

 子どもたちに思い出をつくってもらおうと、同校と保護者でつくる統合準備委員会が企画した。

 子どもたちは、餅つき体験、射的や輪投げ、ヨーヨー釣りなどに挑戦。TOYOTAソーラン披露や校歌合唱も行い、マリーゴールドの種を付けた色とりどりの風船300個を雲一つない青空へと放った。

 6年塚原俐紗(つかはらりさ)さん(11)は「まだ閉校の実感は湧かないが、これで最後と思いながら風船を飛ばした。きれいで感動的だった」と話していた。