ヘリコプターから観るSL大樹(東武鉄道提供)

運航予定のヘリコプター(東武鉄道提供)

走行するSL大樹(東武鉄道提供)

ヘリコプターから観るSL大樹(東武鉄道提供)
運航予定のヘリコプター(東武鉄道提供) 走行するSL大樹(東武鉄道提供)

 東武鉄道とヘリコプターを使った遊覧飛行などを手掛ける「AirX(エアーエックス)」(東京都新宿区、手塚究(てづかきわむ)社長)は13~30日の期間限定で、走行する「SL大樹(たいじゅ)」をヘリコプターから観覧する特別プランを販売する。両社によると「走行中のSLをターゲットとした観覧ヘリコプタープランは全国初」と説明している。

 同プランは、SL大樹の運行時間に合わせてAirXが手配するヘリコプターを飛行させ、上空300メートルから紅葉が色づいた日光・鬼怒川エリアを走行するSL大樹の姿を観覧や撮影できる。