教員の働き方、改革推進会議を開催 壬生町教委

 【壬生】町教委は26日、「町立小中学校教職員働き方改革推進会議」を町役場会議室で開いた。8月29日の中央教育審議会初等中等教育文科会の「学校における働き方改革に係る緊急提言」を受けた対応で、この日の会議と校長会などの意見を経て年内に基本方針をまとめる予定。

 「1学期は(退勤時間が)午後10時前後だったが、『8時を目標に』と呼び掛けたところ遅くなくなった」と教員からの現状報告があった。また、中学の部活では「外部指導者の活用が必要だが、生徒指導上の課題がある」、「部活があるから学校に来る生徒もいる」といった意見も。校務負担軽減では「先生のやることが多い」「力のある先生に仕事が回る」などが寄せられた。