YAMAHAカデットオープン決勝 序盤で一時トップに立った松尾瀬(brioly racing)=ツインリンクもてぎ北コース

 レーシングカートのツインリンクもてぎシリーズ戦「2021もてぎカートレース」は10月31日、茂木町の同サーキット北コース(1周約982メートル)で今季最終戦となる第6戦を行った。小学2年生以上の「YAMAHAカデットオープン」には、本県勢5選手が出場。brioly racingの松尾瀬那(まつおせな)(西が岡)が県勢最高の2位だった。松尾瀬はシリーズポイント争いで2位につけていたが、ポイントランキング首位のミツサダPWG RACING・酒井龍太郎(さかいりゅうたろう)が第6戦を制したため、逆転での年間優勝はならなかった。

◇WEB写真館はこちら

 この他の県勢は、brioly racingの松尾柊磨(まつおしゅうま)(西が岡)が3位、B-MaxJr. brioly racingの関口瞬(せきぐちしゅん)(東京・立教)が4位、brioly racingの山崎永路(やまざきえいじ)(横川中央)が7位、BUNZOU RACING with WISEの中島獅心(なかじまりおん)(宇都宮大付属)が19位。

 「YAMAHA SSジュニア」に出場したスクーデリアEDGEの永島晃太郎(ながしまこうたろう)(天明)は途中棄権だった。