日本代表でデビスカップに出場した本田=9月、トルコ・アンタルヤ(ITF提供、Coco Dubreuilさん撮影)

 テニスの国内ジュニアトップ選手として活躍する宇都宮市の本田尚也(ほんだなおや)(15)=文星芸大付高1年=がトルコのアンタルヤで開催されたテニスの16歳以下国別対抗戦「ジュニアデビスカップ」に日本代表として出場し、日本の6位入賞に貢献した。今春の国内メジャー大会「MUFG全国ジュニアトーナメント」でも男子シングルスで3位に入るなど着実に実績を残していて、その将来性から日本スポーツ協会も本田の活動資金を募るクラウドファンディング(CF)を行っている。

 本田は全国ジュニアなどの成績を踏まえ、8月末に男子3人の日本代表に初めて選ばれた。昨年、14歳以下の国別対抗戦「ワールドジュニア」の代表に選ばれたが新型コロナウイルスの感染拡大を受け大会は実施されず、「自分の実力を知る良い機会」と9月のデビスカップに臨んだ。